40代の告白!新社会人で年会費有りのクレカでちょっと困った体験談

40代の告白!新社会人で年会費有りのクレカでちょっと困った体験談

40代男性会社員です。私は新社会人になった頃に組んでいたローン会社からクレジットカード(オ○コカード)を勧められました。

 

当時は審査条件や借入れ額の限度などが非常にゆるくほぼ誰でもカードが作れ、限度額も50万はザラといった時代でした。

 

クレジットカードに関しては、以前から社会人になり世の中なら認められた証と先輩などから聞いていたので”やっと世間的に信用される身分になったのかな?”とうれしく思っていました。

 

当然申し込みも何も考えずに即日行い、まさに飛びついた、という言葉がピッタリでした。しかしよく規約も読まず、何も考えず、社会人のステータスを手に入れたうれしさから飛びついたことで後々支障が出ることを予想できませんでした。

 

それは年会費の存在です、支払いは銀行引き落としにしていましたが、カードの利用請求額意外に年会費が年に一度徴収されることを知りませんでした。いつもアパートの家賃や光熱費、他のローンの引き落としを一つの銀行口座で賄っていましたが、レシートをもらう度に金額を書いて行き、1か月間の購入金額を自分で計算して次の引き落としまでに入金していました。

 

因みに入金金額は引き落としされる金額分しか、いつも入れていませんでした。

 

この引き落とし額分の入金と年会費があることを知らなかったことで引き落とし額が足りなくなると言うことは容易に想像できると思います。引き落としの日が過ぎて暫くいつもと変わらない日々が続いていましたが、ある時突然、ローン会社から”残高不足で引き落としが出来ていませんので、振込をお願いします”との連絡がありました。

 

”え?ちゃんとお金を入れたのに何で?”と思いましたが、連絡が合った以上は応じるしかありませんでした。後日通帳記帳して確認しましたが、クレジットカードの請求額が計算した金額と合わないことに気づきます。

 

そうですこの段階でやっと年会費が徴収されることに気づきました。結局引き落とし出来なかったのは1か月だけでしたが、違うローンを申し込んだ際に”延滞をしたことがある”という理由でローンが組めないことがありましたので、後々影響を及ぼしたことは間違いありません。

 

そのローンを申し込めなかったことにより、一括現金払いになり生活が大変になったことを考えると、年会費と言う少額の金額であっても影響は大きかったと感じました。クレジットカードを作る場合はそのことにも気を付けられた方がいいと思います。