年会費がかかるクレジットカードを作って困った体験談

年会費がかかるクレジットカードを作って困った体験談

就職してすぐに航空系のクレジットカードを作りました。海外旅行が趣味で航空会社のマイレージを貯めていたのですが、就職したからもっと海外旅行に行くことも想定してさらにマイレージが貯まりやすいクレジットカードを持つことにし、優遇サービスが多いグレードの高いゴールドカードにしました。

 

申し込みや審査に関しては通常通りに行われ、すぐに持つことができましたが、就職して間もないことから有給休暇もなく、仕事も忙しくて休日出勤もあったから全く海外旅行に行くことができませんでした。

 

さらにクレジットカード自体も使う機会がなく、使うといっても携帯代の支払いぐらいだったので、全くマイレージも貯まらずにマイレージの有効期限が一部切れてマイレージが流れる状態が続きました。

 

そして、年末に年会費の請求があり、請求額は一万円でした。これまでに使用した月々のクレジットカードの使用料金よりも高く、新社会人にとって年末の忘年会には所属している部署から普段お世話になっている部署、取引会社まで様々な忘年会に参加することから持ち合わせがなくなり、年会費を払うことが難しくなりました。

 

しかし、年会費が滞るとペナルティなどが発生するので、近くに住む家族にお願いして年会費を支出し、何とかやり過ごしました。

 

 

クレジットカードのブランド比較!初めての楽天カード


新社会人で年会費のあるクレジットカードを作った時の体験談

新社会人になり、給料を貰うようになったらステータスとしてクレジットカードの1枚や2枚は持ってないとカッコよくないだろうと思い、なにも考えず、名前の響きがカッコ良かったので「アメリカンエキスプレスカード」にしました。

 

その頃は年会費というのがクレジットカードにはかかってくるのを知らなくて、規約書も一切読まずにタンスの中に入れて、カードだけ財布に入れていました。

 

デートや女友達と遊ぶ時はこのアメリカンエキスプレスのカードで支払うことに優越感に浸っていました。しかし、アメリカンエキスプレスカードを持って1年が経ち、アメリカンエキスプレスカードで支払うことにもあまり優越感もなくなってきた頃でした。

 

アメリカンエキスプレスから「来年使うのであれば、年会費12000円+税を支払ってください」という手紙が届きました。

 

年会費だけで12000円も払わないといけないのかとビックリしたのですが、解約することなく支払うことにしました。そしてそれからまた1年後、その当時付き合っていた女性と結婚することになり、一緒に住んでいた嫁とアメリカンエキスプレスカードの年会費の請求が来たので嫁に言うと「なんでそんな高い年会費のクレジットカード入ってんの。意味わからん」とキレられました。

 

今までに見たことがない怒り方をされたので自分は困ってしまいました。

 

自分のステータスだと思ってきたクレジットカードが相手にとってはただの年会費がバカ高いクレジットカードというだけでした。その時に年会費無料のクレジットカードがあることを紹介され、アメリカンエキスプレスカードを解約して年会費無料のクレジットカードに加入することにしました。